Tag: Motobunka

MOTO-BUNKAのPodcastシリーズ、第15回放送が公開。

JAPAN BMXブランド”YELL BRAND“の誕生秘話や先日発売されたy+Family Stemについて、代表である伊藤悠吾にインタビュー。

中盤ではYELLのサポートライダーを増やそうという流れで、ドッキリでそのライダーに電話する場面も収録されています。その電話の相手とは…?


日本を中心に世界中を舞台にDVDを制作中のMOTOBUNKAよりMotobunka Reportシリーズの第3弾が公開。

今回は17年に行ったEast Coast Tourのレポート。

PhiladelphiaとNew York Cityを訪れ様々な仲間達との交流があっようですね。

ANIMAL BIKESを中心としたメンバー達との撮影の裏側を見ることができます。

こうした旅も今はコロナの影響で行えませんが、一刻も早く仲間達と遊べる日常を取り戻せることを切に願います。


緊急事態宣言中の東京よりMOTOBUNKA代表のDaisuke Shiraishiからのレポート映像が公開。

映像から見て取れるように昼間の東京の中心地でも人気が少なく、ライダーにとっては皮肉にも乗りやすい環境となってしまっている。

しかし、大勢の友達と乗ることはやはり難しく、こうして一人で乗るライダーがほとんどなのもまた事実。

一刻も早くこの事態が終息して仲間とまた乗れる日になることを願うばかりですね。



MOTO-BUNKAのPodcastシリーズ第13弾が公開。

世界中がコロナの影響により外出自粛期間となった今、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回はベルギー在住のハンドレールキラー?として知られるKenzoとスカイプを通してヨーロッパのコロナ事情、また「おうち時間」で出来ることや新しい企画についての放送。

一刻も早く収束できるよう、今はおうちから盛り上げていきましょう!

Kenzoの過去映像4作品、そして今回の一曲に選ばれているALIVE INDUSTRYのライダーでもあるBrandon ReithCHOCOLATE TRUCKのパートも併せてお楽しみ下さい。



MOTO-BUNKAのPodcastシリーズ第11弾が公開。

今回は世界大会であるSimple Session 20のパーク部門を制覇し、東京オリンピックの出場も控える日本を代表するプロBMXライダー、中村輪夢を迎えての雑談。

Simple Sessionの裏舞台、彼専用のプライベート室内パークについて、彼がどのようにBMXに向き合っているのか。

若干18歳にして世界を舞台に活躍する彼の過去、そしてこれからについて掘り下げています。


MOTO-BUNKAのPodcastシリーズ第10弾が公開。

今回はone’s freak代表、冨永勇太を迎えての雑談。

ライディング映像はあまり残っていないがDIRTY450のライダーとして知られ、数々の伝説と功績を残し全日本チャンピオン?としても活躍した知る人ぞ知る岡山出身のライダー。

現在はone’s freakというシルクスクリーン工房を運営し、鳥取に移住。そこで見つけた廃校となった学校をBMXパークに改装する彼の考える夢とは?そのコンセプトと実現に向けての軌跡についてインタビュー。


MOTO-BUNKAのPodcastシリーズ第9弾が公開。

今回はMOTO-BUNKAのインスタグラムアカウントで募集した質問に対してお馴染みのDaisuke ShiraishiPegyが体験談を交えつつ回答していく回となっています。またゲストには150S-TOWNMasaTaikiが参加しているので若い世代の回答も聞くことができます。

魅力あるライダー、スタイルへのこだわり、影響を受けたライダー、ライダーとしてのキャリアなど、ライダーであれば誰もが一度は仲間同士で話したことのある話題が中心となっています。