Tag: Cedric de Rodot

今年の3月、日本で初めて広島で開催された世界大会FISE

この大会の公式カメラマンとしてやってきたフランス人のCedric de Rodot。FISEが出版するFISE UPという雑誌の取材のために、彼は東京に計2週間ほど滞在した。

FISE UP – ISSUE 14 ←デジタル版はこちらを参照

陽気で明るく、常にジョークを言う彼だが、撮影の時は人一倍真剣になる。カメラの設定や照明のセッティングにも人一倍拘る印象も受けた。

特に独特だと感じたのは彼の撮影スタイルだった。技だけではなく、BMXを通して街全体を対象にして表現する写真は新しくも珍しくもありながら、ごく自然に受け入れられた。

そんな彼にとって写真とは何か、また東京の街がどう映ったのかインタビューを試みた。

下記、インタビュー内容。

FISE World contest held in Hiroshima Japan for the first time in Japan this March.

Cedric de Rodot who came as the official cameraman of this contest for the interview of a magazine called FISE UP published by FISE, he stayed in Tokyo for  total two weeks.

FISE UP – ISSUE 14 ←Click here for the digital version

He is cheerful and bright, he always tells a joke, but he takes seriously more than others when the shooting starts. I also got an impression that also set camera settings and lighting settings as long as he can.

His shooting style that I felt was particularly peculiar. Not only skills or tricks but also express throughout the city through BMX are accepted very naturally, despite being new and unusual.

I tried an interview with him about what photograph means for him and how the city of Tokyo was reflected.

Interview below.


様々なエクストリームスポーツの国際大会を行うフランス発のFISE(フィズ)

今年になり広島で大会が行われたりと大きな話題になったこともあり、耳にしたことがある人も多いのではないだろうか。

実は大会の裏側ではFISEによる東京ストリートシーンにフォーカスした取材が行われていた。

そして今回、FISEより創刊された雑誌であるFISE UPのISSUE 14にその特集が組まれている。

カメラマンはフランスのCedric de Rodotと日本の船生光が担当。白石大輔、ペギー、比嘉翔太、ライオのスナップと共に、東京のストリートシーンや、解散したHORIEGUMIなどについて触れられている。

その他の、スケートボード、インラインスケート、スキーなどの各界の著名人にフォーカスしたインタビューなどにも是非注目してほしい。

下記よりチェック!

https://mag.fiseup.com/p3808861