Category: Travelers Interview

Left: Odi, Right: Ovi – Photo by Pegy

今年の7月、インドネシアからのライダー、OviとOdiが東京に来日していました。

OviはRODIでも扱うインドネシアのストリートブランド、THEZOOYKDIRTYTALKのライダー。Odiはインドネシアでフォトグラファーとして活躍し、自身のストリートウェアブランドであるDBLCも運営する。

日本も同じアジアでありながら全く違った文化をもっていますが、それらをお互い共有することでとても貴重な時間になりました。今回はそんな彼らに日本に訪れた際の印象や、インドネシアとの違い、インドネシアで彼らがみているBMXシーンについてインタビューをしてみました。

以下インタビュー内容

This summer we had a great time with Indonesia connections Ovi and Odi. Ovi is one of the guy from THEZOOYK and DIRTYTALK. Odi is a photographer and owns his street wear brand called DBLC.

We live in same Asia but the culture is totally different. We shard our both cultures and mind, that made this moment to a more interesting thing.

This is a interview about for there trip to Tokyo Japan for a week.

Interview below


以前トラベラーズインタビューでも紹介したイギリスのアーチー、ザック、チェイスがベトナム、日本、そして韓国を旅した映像をご紹介。

アジアにある3国ですが、文化はもちろん食べ物、人柄、生活、スポット、街で絡まれるちょっと変わった人、警察・警備の対応など様々です。そんな違いを肌で感じられるところもストリートの面白いところかもしれませんね。

各地のローカルライダーも多数出演しているので要チェック!


今回のトラベラーズインタビューは、自身の作品撮影のために来日したRob Dolecki。

ライダーとしてはもちろん有名だが、なんと言っても彼は数々のレジェンドライダー、ブランド、雑誌の写真撮影を行ってきた、言わば伝説的なフォトグラファー。

彼に写真を撮ってもらうことは夢の一つでもあったが、今回、実際にそれが実現してしまったことが今でも信じられない。それくらいの人物なのだ。

今回は彼自身についてはもちろん、彼の作品である「Maintain」について、日本のシーンについて、そしてBMXの未来について問いかけてみた。

BMX歴34年目を迎え、今尚、現役で乗り続け、そして数々のレジェンドライダーをその目でみて撮影してきた彼ならではの意見とは。

以下、インタビュー内容

This time will be with Rob Dolecki for the Travelers Interview.

I am honored to do this interview with one of the legendary photographer from the BMX world.

To take a riding photo with Rob was one of my dream and can’t still believe it came out true.

Interview is about him self, about “Maintain”, what he looks for the Japan scene, and for the BMX future.

This is what the real man gives, who rides over 34 years, shot photos with much legendary riders, and still rides and film in middle of the real scene.

Interview below


今年の3月、日本で初めて広島で開催された世界大会FISE

この大会の公式カメラマンとしてやってきたフランス人のCedric de Rodot。FISEが出版するFISE UPという雑誌の取材のために、彼は東京に計2週間ほど滞在した。

FISE UP – ISSUE 14 ←デジタル版はこちらを参照

陽気で明るく、常にジョークを言う彼だが、撮影の時は人一倍真剣になる。カメラの設定や照明のセッティングにも人一倍拘る印象も受けた。

特に独特だと感じたのは彼の撮影スタイルだった。技だけではなく、BMXを通して街全体を対象にして表現する写真は新しくも珍しくもありながら、ごく自然に受け入れられた。

そんな彼にとって写真とは何か、また東京の街がどう映ったのかインタビューを試みた。

下記、インタビュー内容。

FISE World contest held in Hiroshima Japan for the first time in Japan this March.

Cedric de Rodot who came as the official cameraman of this contest for the interview of a magazine called FISE UP published by FISE, he stayed in Tokyo for  total two weeks.

FISE UP – ISSUE 14 ←Click here for the digital version

He is cheerful and bright, he always tells a joke, but he takes seriously more than others when the shooting starts. I also got an impression that also set camera settings and lighting settings as long as he can.

His shooting style that I felt was particularly peculiar. Not only skills or tricks but also express throughout the city through BMX are accepted very naturally, despite being new and unusual.

I tried an interview with him about what photograph means for him and how the city of Tokyo was reflected.

Interview below.


数ヶ月前、イギリスの友人であるアーチーから友達を連れてまた日本にくるという連絡が入った。アーチー自身は今回が二度目の来日となるが、前回は期間も短く、また雨続きだったため、あまり乗ることができなかった苦い思い出がある。今回は彼の友達であるザックとチェイスも一緒に一ヶ月弱滞在するとのことで前回のような心配はなし。時間が許す限り彼らと東京のストリートを楽しんだ。こうした外国人との交流は面白く、自分達のスポット、考えやカルチャーを共有し合うことで新しく生まれ価値観、財産が沢山あるのだ。

そんな今回の旅についてRODIから彼らにインタビューを試みた。彼らは、僕らが当たり前に過ごしている日本に対してどのような見方や違いを見出しているのか。BMXを通してももちろんだが、生活に対してはどう感じたのか。よく外国は、アメリカは、と愚痴をこぼす人達は多いけれど、当たり前が故に忘れがちな日本にしかない良い部分を忘れないで欲しい。そうした日本特有のものを大切にし、生かすことで新しく開かれる道はあるのではないかと感じる。

下記、インタビュー内容。

Almost a month ago, our friend Archie who is from England gave us a contact that he is coming back to Japan with his two buddies for riding. Archie was the second time to come here to Japan but last time we couldn’t ride much because for the shitty weather and also it was a short trip. This time he was back for over three weeks so there was no worries for and with Zac and Chase who’s a good friends of him. We explored as much as we can in the Tokyo streets. It’s always a great moment to share our spots, minds, and cultures with people from other countries. 

This is an interview about for there trip in Japan.

Interview below.


SNSなどを通してご存知の方、東京で一緒に乗った方などいると思いますが、先月、カナダのオンタリオ州からGreg(グレッグ)というライダーが東京に来日していました。滞在中はほぼ毎日、RODIに遊びに来ていたり、周りのライダーたちと一緒に時間を過ごしました。

彼を知らない方が殆どだと思うので、帰国後にインタビューをしてみました。

以下、インタビュー内容。

Probably you know that Greg Henry from Ontario, Canada was in Tokyo for his vacation.

We hungout most of the days with him and enjoyed the Tokyo street. So we wanted to do this interview what he felt about Tokyo, and for the Japan BMX scene.

Interview below.