Category: Pick Up


RODIで取り扱うブランドでもお馴染み、韓国から発信されるペグレス愛好会の1-800-PEGLESSから代表Ji Hoon Leeの新しい映像が公開されています。

イーストコーストでありながらペグレスから生まれる彼の独特なスタイル、韓国の数々のスポットは必見です。

現在SALE中の製品も在庫残りわずかなので是非チェックしてみてください。


以前トラベラーズインタビューでも紹介したイギリスのアーチー、ザック、チェイスがベトナム、日本、そして韓国を旅した映像をご紹介。

アジアにある3国ですが、文化はもちろん食べ物、人柄、生活、スポット、街で絡まれるちょっと変わった人、警察・警備の対応など様々です。そんな違いを肌で感じられるところもストリートの面白いところかもしれませんね。

各地のローカルライダーも多数出演しているので要チェック!


新宿を拠点とし、ローカルチームでありながらハンドルバーをリリースするなど活発なBGM BMXから夏のビデオが公開されました。

今回も深夜の新宿を中心に、酔っ払い、おふざけ、たまに本気とBGMらしい映像になっています。

ハンドルバーも在庫がなくなっているところが多いみたいです。8.4インチはメーカー在庫切れのため在庫限りとなります。

形、大きさ、かなり拘りを感じる最高の一本となっています。気になる方はお早めに!


大阪ローカルであるKazuma Tsushiが指揮をとるビデオシリーズ「KAZUMA TV」より新しい映像が公開。

内容は先日までAkira Takao、Sho Takamiと共に決行されていたアメリカNYツアー!

映像にはNYローカルで一番有名なコンビであるJoey PiazzaとMark Grallaも出演。

Kazuma、Takaoは相変わらず勢いのいい攻めで見応えあります。ラストのTakaoは必見!

そしてなんといっても大阪のレジェンドライダーとも言われつつあるSho Takamiのライディングが久々?に映像でみれます。

個人的にはShoのライディングがみれて嬉しい映像でした。


DARUMA STREET VOL.5

Animal Bikesのジャパンライダーでも知られる富山県のOsomatsuより新作のウェブエディットが公開されました。
DARUMA STREETは彼を中心に活動を行なっており、今回の映像で5作目となります。
今回中心に撮影された富山、石川、福井の三県のローカルライダーはもちろん、新潟の若手クルー@kugui_crewや、京都から高尾 a.k.a TKO、愛知のライダーなどもクリップを残しています。
SNSの影響なのかウェブエディットすら珍しくなってしまった現在、こういった活動をするOsomatsuには要注目です!


カナダのオンタリオを拠点とするBADVENTURES ZINEよりCody Neiswenderの映像が公開。

今回の映像は全てiPhoneで撮影されたもので約1分の短さではありますが、あえてInstagramではなくYouTubeで公開したところも良い意味で、印刷物にこだわる彼らの捻くれさを感じます。1枚の写真、1つのクリップを大切にする考えが感じられますね。


ALIVE INDUSTRYのライダーでもあり、日本を代表する若手の一人である比嘉竜太郎。

彼が昨年の夏にアメリカのLos AngelesとSan Diegoを訪れた際に撮影した映像が、彼のスポンサーでもある台湾のアパレルブランド「REMIX TAIPEI」より公開されました。

これで本気じゃないところが…。本気のクリップは現在制作中であるALIVEのDVDにて公開される予定です。

確実に目が離せない日本が誇るライダー、比嘉竜太郎に今後も注目です!


東海岸を代表するリアルストリートブランド、Animal Bikesより新しい映像”TAKE IT”が公開されました。

ニューヨークはもちろん、ニュージャージーやフィラデルフィアを中心にAnimalファミリーが多数出演。最初に登場するバルセロナに住むアルゼンチン人のAgustin Gutierrez、フィリーローカルのMad MikeとChase Dehart、トリを飾るCHOCOLATE TRUCKのライダーでもあるJoey Suenderは特に必見!

また昨年にAnimalの本社を訪れたJapanチームの白石大輔とペギーもクリップを残していますので、この2人も要チェック!

*Animalは2000年に創業して以来、幅広い年代に人気があるパーツブランド。BMXで初めてリアルストリートのみのビデオを発表したことでも知られる唯一無二のリアルストリート集団。