Category: Pick Up


日本を代表するALIVE INDUSTRYよりBen Lewisのシグネチャーフレームである「LPL」のプロモーションビデオが公開!

驚異のチェーンステイ12.4″(業界最短?)から生み出されるテクニックでクイックな動きに注目です!

ALIVE INDUSTRYのフレームのストアページはコチラからどうぞ。

フレームは全て送料無料となります。


1800PEGLESSJi Hoon Leeを中心に韓国で活動するSIX BALL CLUBから新しい映像「DIGITAL SUCCULENT」が公開。

韓国ローカルの中心となるInho JoLee Cruickshankなど沢山のライダーが出演。それぞれ個性あるスタイルがストリートらしく観ていて飽きませんね。

日本はスポット大国と言われていますが、韓国も同等かそれ以上に個性あるスポットがあるので注目です。


FITやHAROなど多数のBMXブランドを日本に輸入する代理店、Motocross InternationalからCULTライダーとしてサポートする彼末崚のインタビュー映像が公開。

BMXに出会った頃の話や彼にとってのBMXについて語られています。

映像は彼が所属する名古屋のNSS CREW桜井康輔が制作。


福岡出身であり、福岡のストリートカルチャー集団であるHOODSCREWの一員でもあるTaiki Nita。彼が東京に拠点を移したこともあり、渋谷ローカルのMasa率いる150S-TOWNに加入。

そんな彼のウェルカムエディットが公開!ゴリゴリのストリートでありながらテクニックもあるスタイルで都心のスポットを夜な夜な乗り込んでいるようですね。

RODIではまだ扱いはありませんが、150S-TOWNからTシャツが発売されたりと活動的な彼らに今後も注目です!


LAを代表するアパレルブランド、PEEP GAMEから彼らが先日行った東京トリップの映像が公開。

映像の内容は今回のトリップのハイライト的なもの。かなり日本を満喫したようですね。

DEADLINEの一員でもある代表のSteve Croteauはもちろん、若手チームライダーのJarren Barboza、同行していたFTL代表のBilly Pelly、そして多くの日本人ライダーのクリップを見ることができます。

PEEPGAMEは現在DVDを製作中のようで今回もその撮影も兼ねての来日だったので本編が楽しみですね。

彼らはまた来日すると言っていたので、今回JAMに参加できなかった方や彼らに会えなかった方は次回!


レペゼン神戸ライダー、Ryusei Teshigaharaのウェブエディットが公開!

撮影と編集は大阪で活動するライダーでもありフィルマーでもあるG.C.Vが手掛けています。

テクニックだけに拘らず、スタイリッシュにストリートやパークなどを器用にこなすスタイルが魅力です。

最近は頻繁に映像制作をするTOTTEを中心に活動するなど、注目したい若手の一人でもあります。


渋谷ローカルの150STOWNを代表するMasaより彼のインスタクリップを編集した映像が公開。

ストレートなラインで勢いのあるスタイルがかっこいいです。

彼は不定期ですが恒例になりつつある隠居JAMの主催者でもあります。

まだまだ若い彼に今後も期待したいところです!


神戸を中心に西日本で活動するTOTTEから映像が公開。

今回はグラインドの基本技でもあるスミスをテーマにライダーのKazuto Horiがシンプルなラインをみせてくれます。

リアルストリートでは使い所に寄っては沢山の見せ場を作れるスミス。ラインで使っても一発ハンマーでもみせられるかっこいいグラインドですね。

定期的に活動する彼らに今後も注目です。


ゴールデンウィークは各地でライダーがツアーを行ってたり、海外からのライダーが訪れたりと様々な動きがありましたね。

東京、神奈川付近で活動している若いライダー達は名古屋へツアーを決行した模様。名古屋のNSS CREWと合流し、同世代同士で楽しい時間を過ごしたみたいです。

東京で活動しているRaio ChishimaからとNSS CREWの両方から映像が公開されています。

活発的な両者を今後もチェック!