和訳: DAISUKE SHIRAISHI ANIMAL BIKES INTERVIEW

DAISUKE SHIRAISHI TRANSLATED INTERVIEW from ANIMAL BIKES

When talking about the Japanese BMX scene, it’s almost impossible not to mention the Horiegumi crew and their amazing video releases. Animal Bikes International Team rider and pegless aficionado, Daisuke Shiraishi has been the man behind the scenes, putting in hours editing footage and plotting the next moves for Horiegumi. However, with the sudden departure of one of Horiegumi’s members, Daisuke has decided to start a new project. Find out about what’s to come below.

/日本のBMXシーンを語る上で、素晴らしい映像を作ってきたHORIEGUMIの名前がまず出てくるのではないだろうか。そのシーンを支える一人であり、アニマルのインターナショナルライダーと知られるペグレスライダーの白石大輔は日頃から撮影や編集に没頭し、HORIEGUMIの次なる動きを初めている。

下記、インタビュー内容

All Photos by Hikaru Funyu

With the sudden end of Horiegumi, what is next for?

/HORIEGUMIは解散したけど、次は何を考えているの?

I’m getting ready for new project with Pegy and Kenzo. We will talk about that detail soon.

This is not bmx crew. Its like production making DVD and ZINE.

This project will include not only riders in Japan, but riders from all over the world and present them in the form of a new DVD and Zine.

I have been filming unique Japanse riders from 2015 for the DVD and started overseas trip for filming other country’s riders from last year. Also lots of riders from around the world visit Japan and stay at my house, so I have filmed many clips and will film more till. So far I have already about 70 tapes to capture…

/今はべルギーに住む友人のケンゾーと同じJapanimalチームのペギーと一緒に新しいプロジェクトの準備をしています。今後はBMXクルーという形ではなくプロダクションとしてDVDやZINEを作る予定です。

2015年くらいからDVD用の撮影を始めていて、国内でも独特なスタイルを持ったライダーや来日した海外ライダーの映像を撮り溜めています。既に1本60分のテープが70本を超えていて、溜め込んだテープをキャプチャーするのに苦労しているところです…

 

Who will be involved?

/誰が参加するの?

Videographer, Photographer, Web designer, Product designer, Painter…

Some creators are already involved for the new production..

Pegy, Kenzo De Witte, Brendon Reith, Justin Benthien, Rei Lem, Hikaru Funyu, and Cederic De Rodot will all be involved in one way or another. And I’m planning to invite some more creators.

/新しいプロジェクトでは、フォトグラファー、フィルマー、ウェブデザイナー、プロダクトデザイナー、ペインターなど様々なジャンルのクリエイターを巻き込もうと思ってます。

Pegy, Kenzo De Witte, Brendon Reith, Justin Benthien, Rei Lem, Hikaru Funyu, and Cederic De Rodot、彼らは友人であり、様々な技術を持ったクリエイターです。既に様々な形で協力してもらっています。

What kind of impact do you hope to make with the new project?

/新しいプロジェクトを通してやりたいことは?

What we think most important is not the skills, it’s about creativities.

For this project we want to make our creative mind in one and want to show that mind made us lots of friends in Japan and all over the world. So I hope we can make more connections with riders who has same mind all over the world through this project. And I want to support young riders in Japan by making videos and zines. It is my hope that this will help them get opportunities with brands. Also Japan has lost lots of great filmers and editors so I hope to inspire more riders to pick up a camera.

/僕たちが最も大切にしていることはライディングスキルの高さではなく、オリジナリティです。

そうした自分たちの考えを映像として表現すると共に、それが国内や海外のライダーとの繋がりを生み出していることも表現したいと考えています。

このプロジェクトを通して日本国内はもちろん、文化とか言葉とか関係なく同じマインドを持った世界中のライダー達ともっと繋がれたら最高ですね。それと同時に勢いのある若手ライダーをDVDやZINEの中に作品として残すことでスポンサーを得るきっかけになったり、ライディングのモチベーションに繋がって欲しいなと思ってます。

 

Why DVD over web content?

/ウェブではなく、なぜDVDなの?

We think DVD’s and prints will be more worth it in the future and also we want to bring back that again.

Nowadays there is too many photos and videos on the internet. You have to see it even if you don’t want because it pop ups on the screen randomly. It’s hard to only see what you really love. Doing IG is a good thing but it’s interesting to just pick up what you love and make that to prints. To make more selected things is possible with  DVD’s and prints but thats hard to do on internet.

今後、DVDやプリントは価値が上がるのではないかと考えていますし、どちらかと言うと価値を上げたいと思っています。ご存知の通り、今は全てを見切れないくらいの写真や映像などが毎日アップされていて、web上に情報が溢れています。

興味のない情報が多すぎて自分が見たいものを見れていない時があるようにも感じます。instagramを上手く使う事や情報鮮度も大切ですが、コンテンツをセレクトしてDVDやZINEでしか得られない情報を作ることも重要だと思います。

 

Where do you draw inspiration for your videos from?

/映像表現のアイディアはどこからくるの?

For the videos we have influenced by Japanese skate videos. When I first saw a Japanese skate video, I felt of the details of the filming and editing have some Japanese individual aesthetics. Watched lots of Japanese skate videos like FESN and TIGHTBOOTH videos and learned about the filming angel, tricky cutting, and rhythm for the editing.

/映像に関しては日本のスケートボードビデオに影響を受けています。

初めてスケートビデオを見たときに撮影や編集の細かさや拘りに日本人独自の美学が詰まっているように感じました。それから日本を代表するビデオプロダクションFESNやtightboothの映像を繰り返し何度も見るようになって撮影のアングルや視覚効果を意識したカッティング、リズム感の作り方を覚えました。

 

Sounds like it will be a quality project. Let’s wind back to Horiegumi, you just released the final video for Horiegumi, can you tell us about it?

/すごいプロジェクトになりそうだね。HORIEGUMIの話に戻るけど、最後となるビデオについて少し教えてくれる?

Our final Horivideo features the crew and many friends in the Japanese countryside of Toyama!

Toyama is Osomatsu’s hometown and has so many spots, we spent 4 days riding there and stacked about 14 minutes of footage!

/最後のHorivideoはオソマツの地元である富山へツアーに行った時の映像です。

期間は4日間、総勢14名でスポットを巡りながら撮影していたんですけど、最終的に13-4分くらいのエディットにまとまりましたね。富山はスポットが多いし、ご飯も美味しいし最高の街です。

 

Damn, 14 minutes in 4 days? You guys were productive. Where can we pick up a copy of the DVD?

/4日間で14分?やっぱりお前たちはすごいよ。どこでDVDはゲットできるの?

The DVD is available for free with any order till end of may through Rodi Connect.

/DVDは5月末までRODIのオンラインショップをご利用頂いた全ての方に配布しています。

 

So, I’ve heard rumors of a Google Drive folder containing a well detailed list of hundreds of Tokyo spots…is there any truth to this?

/グーグルドライブにスポットの写真を数百と溜め込んでいるみたいだけど、本当?

Yes haha. I came to Tokyo three years ago. Pegy, Seiha, Makoto and other friends took me every spots in Tokyo. They are spot seeker. But I couldn’t remember all of that location.  So I started to take photos of spots to get the locations and map them out. We have so many photos now, maybe about 500 spots. Many friends comes from overseas so it is great to show them this spot list and let them choose what they want to ride.

/そうですね。僕は3年前に東京に引越してきてペギー、セイハさん、まこっちゃん始め沢山のライダーの方に東京のスポットを案内してもらいました。全ての場所を覚えきれなかったので案内してもらったり時とか、気になるスポットを見つけると必ず写真を撮るようになりました。すでに500枚を越えるスポット写真がドライブに保存されていて、今でも更新し続けています。

ここ1-2年で海外ライダーの来日が急増しているので、このスポットアルバムを共有してどういうとこで乗りたいか聞いたりする時にに便利ですね。

Let’s talk about your whip, can I get a run down of your bike?

/現在乗っているBMXについて教えてくれる?

Frame: Alive “The Grad” Type Ⅱ 20.5″

Bars: Animal Big Four Bars 8.25″

Grips: Edwin Grips Flangless

Stem: Solid OG Stem

Headset: Animal

Fork: Alive Survive

Front Tire: TWW Tire 2.2″

Front Hub: Animal Javelin

Front Rim: Animal RS

Seat: Animal Cush

Seat Post: Animal

Seat Clamp: Animal JD

Cranks: Animal Akimbo 170mm

Pedals: Animal Hamilton Alloy Pedals

Sprocket: Animal M5 Sprocket 25T

Chain: Animal Mike Hoder

Rear Tire: TWW Tire 2.2″

Back Rim: Animal RS

Rear Hub: Animal Javelin Hub

What parts are you feeling in particular right now?

/好きな部分は?

This is my first time riding four piece bars, and I’m digging the Big 4’s right now.

I love the way four pieces look on pegless bikes. I’ve also been riding the TWW tires for the past 5 years, I think they are the best feeling tires on bump jumps.

/今はハンドルバーをBig4”にしているんですけど、実はこれが初めての4pcバーなのです。

ベグレススタイルに4pcバーの組み合わせをずっとやりたかったので、今一番気に入っているポイントですね。

個人的には、バンプジャンプするならトムホワイトのシグネチャータイヤがおすすめです。

もう5~6年くらい使い続けているお気に入りのタイヤです。